会員名簿(平成29年2月版)を「会員の広場」に掲載いたしました。

 

 拒絶文字商標集第11巻を発行いたしました。           

 

 ●フリー・ミーティング・スクェア開設のお知らせ   (ご利用マニュアルはこちら)

 

 

  

 

JAFBIC FLASH画像
                  
             一般社団法人

             日本食品・バイオ知的財産権センター

           〒105-0014 東京都港区芝2丁目5番24号 
                      芝MARビル4F      地図
          TEL:03-3769-5221 FAX:03-3769-5307
          E-mail: info@jafbic.jp

平成29(2017)年 年頭のご挨拶

 JAFBIC会員の皆様、明けましておめでとうございます。 

 昨年は、英国のEU離脱、米国の大統領選など、世界中にこれから大きな変化が始まることを予感させる年でした。トランプ氏の一言一句に過剰に反応する必要はないかもしれませんが、いわゆる内向きの政策が各国で浸透することになると、世界経済のみならず、国際社会に多大な影響を及ぼしかねません。我々が前提としているグローバルな環境が損なわれないよう今後の動きに注目したいと思います。

 日本においては熊本地震、度重なる台風による被害など、自然災害に見舞われる一方で、リオオリンピックでの日本人選手の活躍や大隅良典先生のノーベル賞受賞など、明るい話題が社会を活気づけた年でもありました。ノーベル医学生理学賞の対象となったオートファジーとは、ごく簡単に言うと細胞内のリサイクルシステムのことです。古くなったタンパク質を分解し、新しいタンパク質の原料とする高度に機能化されたシステムが小さな一つの細胞にも備わっていることは、まさに驚きです。企業においても、また、産業界においてもまだまだ自然界に学ぶべきことは多いかもしれません。 

 今年もJAFBICにおきましては、食品・バイオに係る知的財産権の保全及び利用の促進を図り、知的財産権制度の適正な運営に資するとともに、国民経済並びに会員事業の発展に寄与するため、以下の方針に基いて事業を展開して参ります。 

  1.  会員企業ならびに知的財産権を取り巻く環境変化に対応しつつ、より魅力ある団体に成長するため、各種施策を講じて経営基盤の更なる強化を図り、事業活動の拡大・充実に努めること 

  2.  企業における知財経営推進のための人材育成事業を推進すること

 我が国の国際競争力の回復と成長を図る上で、各企業においても自ら所有する技術、ノウハウ、マーケティング力等を俯瞰的に見通すことができる立場にある知的財産部門の利点を生かし、研究開発部門、マーケティング部門等との連携を深めるとともに経営層に対しても積極的に知財部門の強みを活かした戦略的な提言をしていくことのできる人材を育成することは急務です。また、当法人会員企業を始めとして多くの中堅・中小企業においても自らの知的財産を如何に見出し、経営に役立てることができるかを問われる時代となってきたことから、より広い視野に立って知財を考えられる人材を育成することにも注力すべきと考えました。こうした方針に基づき昨年10月の理事会において、『知財経営推進人材育成事業準備委員会』を設置し、2016年度後半から事業の枠組み作り(カリキュラムの作成、講師陣の選定、受講者募集人員の決定、必要な場合には提携機関の選定及び契約交渉、収支計画の策定等)に着手し、来年度の上半期中には、一定の結論を得ることといたしました。

 また、同事業が正式に立ち上がるまでの繋ぎとして、『知財経営推進人材育成塾』を継続し、現在の第1期チームメンバーには、第2年次としてさらにレベルアップした勉強会活動を行っていただくとともに、第2期メンバーとして、若干名を公募することも決議いたしました。これを踏まえ、正会員企業各位に対し、公募のご案内をいたしました結果、6名の方に第2期生として入塾いただくことになりました。これらの方々が、塾で研鑚を積み、それぞれの所属企業において、知財経営推進のための原動力となられることを切に願うものです。 

  1.  研修活動の充実を図ること

 当法人の主要な活動のひとつである研修・講演会事業についても、より、その充実を図るため、研修・講演準備委員会のメンバーを拡充し、知的財産(権)に関する諸課題について、よりタイムリーなテーマとより適切な講師を厳選し、研修会・講演会を企画し、会員の皆様に喜んでいただけるような研修活動を展開します。 

 さて、今年は酉年です。十二支や干支の考え方では、酉のつく年は商売繁盛につながると考えられているそうです。「酉」は「取り込む」につながると言われ、そこから運気やお客も取り込めるということです。本年が会員企業の皆様にとりまして、まさに商売繁盛の年となりますよう祈念して、新年の挨拶とさせていただきます。

一般社団法人 日本食品・バイオ知的財産権センター
     代表理事・会長    松尾 正彦
 (明治ホールディングス株式会社 代表取締役社長)

 

一般社団法人 日本食品・バイオ知的財産権センター
(Japan Foods & Biotechnology Intellectual Property Rights Center)
略称:JAFBIC

 

 

 

あなたは番目の訪問者です